2019年 1月分 週間占星術


*2019年1月7日からの1週間*
(著) 酒井日香

 

【概況】

※今週の月は合・衝・矩のいずれにもならないため割愛します。


↑無料素材から拾ってきた「どんど焼きイメージ」の写真なんですが、
このダルマは夢もかなわぬまま燃やされる運命なのでしょうか……? 
普通は両目入れてからお焚き上げしません?? 
このダルマに何があったのでしょう。気になる……。

《今週のたわごと》

  お正月も三が日を過ぎると、もう普通の日常ですね。第二週目の今週は「鏡開き」を行う地域も多いのではないでしょうか? 調べてみましたが、関東では鏡開きは1月11日、関東以外では1月15日に鏡開き、ということが多いようです。私の地元、伊豆下田もそういえば15日に鏡開きをしていた記憶がありますが、東京の娘の学校でPTAをやったときには、どんど焼きは11日近くの日曜日だったように記憶しています。なぜ関東だけ鏡開きが早いのかということに関しては、諸説ありますが、よく言われているのが徳川三代将軍家光が、4月20日に亡くなったため、毎月20日が月命日と被ってしまう。徳川家にとって15日に鏡開きということにしてしまうと、家光の月命日と日付が近く、慌ただしいということで、1月11日にした、という話があるそうです

 

 数年前、地域のどんど焼き役員に任命された私は、早朝から繭玉づくりを手伝い、子どもたちにふるまう豚汁づくりをしましたが、最後、集まったしめ縄や輪飾りをくみ上げて点火し、繭玉を焼いて食べる段階になったところで前髪まで焼いてしまい、ドリフの博士コントみたいになってお子様方の爆笑を掴みとったことがあります。繭玉を焼くのって案外難しいですよね。みなさんも、火には十分気をつけて!

 

ところで、占い大河小説描いてます。

主人公は天才占い師。占星術が要所要所で使われているので、占星術好きの人には楽しんでいただけるのではと……。

 

小説のリンクはこちら
 ↓   ↓   ↓

「VICE-ヴァイス―孤独な予言者」

 

《今週の超次元占星術》

 

 【火のグループの人】 レッド・ネイビー・グレー

 

 先日、「火グループ」の一つ、ゾーングレー生まれの方から超次元占星術のご感想をいただきました。曰く、「超次元占星術で火星が自分のグループのどこかに入ると、生理が始まりましたが、それは関係ありますか?」というご感想です。

 

 正直、関係あります。……こう書くとちょっと問題がありますが、火星には「出血・生殖能力に関したこと」という意味があり、私も火星のサイクルでしょっちゅう生理が起こります。まぁ、それ以外にも月のサイクルや、金星のサイクルも関係していますが、火星の象意の一つが(多かれ少なかれ)出血、という意味なので、占星術的には合っていますね。

 

 さて、今週は、先週6日(日)に起こったゾーンレッド内の日食の影響が、まだ少し残る中でのスタートです。実は占星術には絶対に皆さんにお教えできない、超マニアックな「寿命計算法(笑)」があって、私は師匠からそれを教わりましたが、その計算方法というのが、太陽と月なのです。古来から人が死ぬときは太陽と月に大きな印が現れると言われております。天文学者にして占星術師でもあったケプラーの記録によれば、共同研究者だったチコ・ブラーエが死んだ日、彼の月に対して土星が衝(180度)だった、という記録が残されています。太陽と月は、生命原理そのものであるため、占星術では特別に「ルミナリーズ(輝けるもの、という意)」と呼び、重大な天体として扱います。

 

 そんな重大な太陽が、1月6日に翳ったあと、今度は1月21日に同じく「火グループ」の一つゾーングレーで月食です。これは、1月6日から1月21日までは心身に気をつけなさい、家族の問題に気をつけなさい、という意味。古い占星記録を見ると、この配置のときに「暗殺に気をつけられよ」などと、占星術師が貴族に忠告した、などという記録も残されています。その占いが当たった、という結果は描かれていませんが……。

 

 現代人ではさすがにそれはありませんが、日食も月食もともに「火グループ」で起こっているので、1月は全体的に無理はしないほうがいいでしょう。残業は極力しないとか、理由もなく遠出しない、知らない人を家に招かない、感染症に気をつけるといったところ。あと、車の運転や自転車なども侮らないでください。事故のほぼ90%は「不注意」です。注意ぶかく、いつもにも増してきちんと指差し確認すれば防げます。それと日・月食は家族、という意味もあるので、自分の親や子どもの体調にも目配りしたいですね。

 

 来週からはお楽しみ! の、プレゼント星・木星通過です! やったね! とにかく風邪を引かないこと、出発前の確認は入念に。スピード出さない、慌てない、に気をつければ、あとはまぁまぁ、今週は楽しくやれるのではないでしょうか。7日くらいまで少し不調ですがね。

 

【土のグループの人】 ライム・ピンク・パープル

 

先週、1月5日(土)の夜から火星が「土グループ」の一つ、ゾーンライム入り。7日に水星もライム入りして火星・水星がライムでランデブーです。そして水星は9日の早くに抜け、火星は9日いっぱいまで。しかも、7日に月もパープルを通りますね。7日に星が3つ重なって焦点になっています。7日から8日にかけて、みなさんに不幸の暗示?? (笑)

 

いやいや……。火星の示す不運は、8割くらいは未然に防げます。というか、占星術で不幸をもたらしがちな星は、ほとんどが「不注意でいるヤツを狙って」不幸爆弾を落としていくので、不注意を減らす努力をしさえすればいいのです。火星の不運のほとんどはそれでなかったことにできます。占星術の初心者のうちは、まだ己の不注意やぼんやりをコントロールできていない場合が多く、火星のサイクルが見事に当たります。あんまりにも当たりすぎて気持ち悪くさえありますが、それはすべてみなさんが、まだ、自分の「不注意」に対して「不注意である」ということなのです。占星術による心身トレーニングができてくると、火星の通過時にも何も起こらないことが多くなります。最終的に星の影響を受けなくなります。不注意を追い払うことが上手くなるからです。

 

そんなわけで火星は、占星術の習熟度を見るバロメーター。この星の予言に負けてしまうようだと、占星術をまだその人は理解していないということです。火星が当たったら、「私やばい! うっかりで危険だ!」と考えましょう。

 

さて、どうでもいい話ですが、ちょうど超次元占星術の通りに、うちの主人と娘が1月7日に長旅から戻ります。乗り物の中で二人、喧嘩するか、引率係の主人がへとへとになっている様子が目に浮かんで楽しいですね(笑)。あるいは娘がドジをするか(笑)。しかも、1月5日の夜に火星が入宮していますから、この時に荷物をまとめ始めますね(笑)。占星術師のおかーぽんに見えないことはありません(笑)。おおかた、連れてったおもちゃを宅急便に入れ忘れたとか、勉強道具を忘れたとか、絶対そういうのがあると思うので、1月5日は予言者おかーぽんが娘に電話して忘れ物しないよう再度忠告したいと思います(笑)。これで忘れたらしばく!!(意外とそれが火星の意味だったりして・笑)

 

1月12日(土)の夜から、1月13日(日)にかけて、冥王星・金星がゾーンピンクで重なります。何か楽しいことがあるみたいですね。それもなかなかロマンチックなことのようですよ! 金星×冥王星 = ゴージャスのコンビ、リッチのコンビ。

 

しかし、悪く出ると「求めすぎ・欲張りすぎ・期待しすぎ」ということになったり、相手に不快感を抱かせるくらいしつこかったりになりますので、さらりと行きましょう。

 

【風のグループの人】 イエロー。・シルバー・ブラウン

 

1月9日(水)から水星・火星が「土グループ」の一つ、ゾーンイエローに入ります。11日(日)の朝に水星は抜けていきます。火星は今週いっぱいイエローにいます。私はいつも超次元占星術の原稿を書く時、身近な友人・知人を思い浮かべながら書いていますが、心配なのは「風グループ」の一つ、ゾーンブラウン生まれのある友人です。

 

彼女は文学論や哲学論、芸術論などを他人と戦わせるのが好きな人で、私も時折彼女と話してとても楽しいし、勉強になるのですが、我々のように「議論はスポーツだ」と認識していない人だと辛くさせてしまうこともあるようです。我々は似た者同士なので、このブラウン生まれのお友達と会話をし、時に私の持論をけなされ、時に私が彼女の持論を折ったりするのはとても楽しいことですが、世の中そう受け取れる人ばかりでもないようで……。

 

なぜ、彼女を思い出したかといいますと、水星×火星には「議論・口論・口喧嘩」という意味があるからなのでした。彼女も心配ですが、風グループのみなさんも彼女と同じ運気ですから、「負けるが勝ち」と心に決めて、不必要に他人をやり込めようとか、言い負かそう、などとはしないようにしてほしい、ということです。まぁ、これが裁判や離婚の話し合いであれば、舌鋒鋭く相手の問題点を指摘する、という意味になりまして、吉兆なんですけどね。単なるご家庭の喧嘩や、ネットの行き違いであれば、負けるが勝ちです。

 

怒りっぽいことに自覚がある人はなおのこと注意。冥王星もかろうじてゾーンピンクですが、ぼちぼちシルバーにも影響し始めます。そうすると 冥王星 = 国家権力あるいは強権を発動できる人 という意味で、思い出すのがあの、東名高速で追い越し運転をし、相手の進路を塞いだあげくにご夫婦を殺害してしまった石橋和歩被告です。石橋被告はもともと火星のアスペクトが悪く、自己の感情を抑えにくい傾向が強いところに、事故当日は火星・冥王星の影響を受けていました。悪いのは星ではなく、それを抑えきれなかった犯人の心の弱さです。衝動的な怒りというのは本当に怖いのです。みなさんも、激情に飲まれそうになったら今週の超次元占星術をくれぐれも思い出してくださいね。

 

さて、そんな水星・火星を追うように、11日から太陽が、13日には金星が「風グループ」の一つ、シルバーを通過します。週の後半はなんとか気分も持ち直しそう。怒りの力が体調に出る場合もあります。アトピーや鼻炎、喘息ある人は今週悪化傾向ですから、お薬忘れずに。

 

 【水のグループの人】 ホワイト・ゴールド・スカイ

 

 今週はべた凪の運勢。やや波乱含みなのが9日(水)と、11日(土)、12日(日)ですが、波乱と凶運ということは別物でありまして、今週の波乱含み、とは、「突然のお誘いや予定変更がありやすい」という程度の意味です。全体的には普通のトーンで、仕事や生活が推移していくでしょう。ただ、先週くらいから人間関係や集団、家族、一族などを意味するノードがゾーンゴールド入りしています。よろずごと、会社生活にしろ家庭生活にしろ、あるいは趣味や地域にしろ、「帰属意識」ということがテーマになるでしょう。

 

 人によっては、勤め先があることに感謝したり、会社の仲間たちとの親睦を深めることがあるかも知れませんし、家庭でも、よく考えたらこの夫(妻)に感謝しなくちゃな、とか、これからも家族一同、仲良くやりましょうとか、そういう、絆を見直すような一週間となりそうです。突然遊びや計画に誘われ、仮にあなたがそういう気分ではなかったとしても、人との縁のほうを今週は優先させたほうが断然楽しくなるでしょう。新年会や報告会、趣味の集まりや会合などには、億劫がらずに出かけて欲しいところ。意外と、身近な人たちへの感謝や、温かさが見えるかも知れません。

 

 週末は水星の影響で少し忙しそう。ドライブや買い物に出かける人も多そうですね。

 

 【空のグループの人】 オレンジ・グリーン・ブラック

 

 さて、先週から幸運の木星が、「空グループ」の一つであるゾーングリーンを通過中です。今週のほうが先週よりもタイトですから、先週、特にいいこともなかった、という方は今週に期待してみてください。

 

 私は、これまでの木星の、自分のグループ通過時に何が起こったかといいますと、映画の無料チケットをもらったとか、バームクーヘンをいただいたとか、鮭の半身をいただいたとか、おカネの入金が一万円多かったとか、捨てられるはずの双眼鏡をもらったとか、そうした経験が多いですね。人によっては大きな財産を相続したとか、大きな利得を得た、大いに儲かった、宝くじに当たった、などという報告もありますが、私に限って言えばだいたいお菓子です……。(涙)

 

 あ、いや、お菓子。嬉しいです!! 嬉しいですよそりゃあ!! でもやっぱり、「宝くじに当たりました!」とか、「万馬券取りました!」とか聞くと、うらやましい……(>ω<、)

 

 そんな全国の「空グループ」の皆さんのために今、調べてみたところ、なんと今月の8日まで「初夢ジャンボ宝くじ」が発売中じゃないですか!! しかも抽選日が10日で、ばっちり木星にかかってますやん!! 兄やん買いなはれ!! 買いなはれぇぇぇ!!!

 

 ……とは言えギャンブルですから、外れる可能性もあります。でもくじは買わなきゃ当たりません。1万円とか、それぐらいの、生活に差し障りない程度なら夢を見て楽しむと思って挑戦してみてもいいかも??? 当たったら助言したんだから1000万円くらいアドバイス料をくれ。え? ふざけんな?? 冗談だよ冗談。冗談だってば!! え? 目が笑ってない?? 何言ってんだいあたいの眼はいつだって真っすぐだよぉ!!

 

 という感じで、いいことある人もいるかも。ギャンブルでなくても、別の相続とか譲渡とか、ご贈答などがあるかも知れません。期待しましょう。何かもらえたら掲示板で報告してくださいねぇぇぇ♡ 

 

 あ、やだ!! ここまで書いて、そういえば忘れてました!! 土星もいたんですよ今週!! オレンジにいましたよそーいやぁ……。ごめんなさい。くじ運は忘れてください(笑)。いや、宝くじ買ってもいいけど土星×木星っていうパターンは棚ぼたになりにくいですわ……。ぬか喜びごめんぬ~☆彡

 この組み合わせだと先週の私(水)のように、会社をインフルで休んでくっそ暇、とか、長い移動で退屈、とか、静かすぎる、とかすることがないとかで、まれに検査入院とか一時的な隔離を表したり、良い別れ、せいせいする心境、不動産や生命保険に関したこと、法事、なんていう、夢のだいぶ無い配置でござんした……。ちーん……。ごめんよ「空」のみんな。。。ぬか喜びでした(笑)。あ、いや、人のことだからね、サラッと言えるけど、自分の星占い読んでてこんなノリだとたぶん腹立つと思うわ~。。。(笑)

 

 だから(笑)を入れるなってんだよね……。癖だからつい入れちゃうんだよごめん。。。じゃあ、そういうわけでうん。インフル引く人もいるかも知れないんで風邪引くなよなっ♡

 

 

《今週のまとめ》 

 

運気つらたんな人たち……「風」「土」

平凡……「火」「水」

大富豪(またはお菓子)……「空」

今週のギャンブル運強め……「空」「土」

今週のラッキーカラー(競艇や競馬の参考までに) 黄・黒・緑

 

以上です。ああおカネがどこかにたくさん落ちてないかなぁ……(人●´ω`●) 


2018年12月31日からの1週間 
(著) 酒井日香

 

【概 要】

1月6日 10:29分 新月 ※日食(ゾーンイエロー)

(西洋占星術ではやぎ座15度、インド占星術ではいて座21度)※概算値

《今週のたわごと》 

↑お正月料理と言えば各ご家庭でさまざまでしょうけれども、私は実は、その中でもとりわけ「伊達巻き」が大好きです(笑)。伊達巻きだけ食べたいので、MY伊達巻きをいつも1本買います(笑)。でも、そんなに伊達巻きが好きなのに、お正月しか思い出さないんですよなぜか……。え? じゃあ好きじゃないんじゃないって?? うん。そうかも(笑)。でもお正月になるとどうしても伊達巻きは無くっちゃ駄目なのです。伊達巻きとは、私にとっては決して正妻(普段のごはん)にはなり得ない、でも魅力的だという、現地妻のような、ワンナイトラブのような、そんな相手なのでしょう。普段は思い出さないけど、正月になると会いたくなる。単身赴任先で火遊びをしたくなる男性の気持ちと、同じようなものでしょうか? そういえばカズノコも、田作りや黒豆もそんな相手ですね。浮気者だなぁ私は……(笑)。

 

伊達巻きって、おせちの添え物程度の認識なのですが、なんと兵庫や徳島などでは、伊達巻きはうどんのトッピングの定番らしいです。確かに、あのあまじょっぱい感じは、うどんのつゆに合うかも……。私はいつも丸かじりするか、かまぼこみたいに切ってそのまま食べるかですが、他にどんな食べ方があるんでしょうか。 グラタンとか?? ピザ風とか?? 意外とね、サンドイッチなんかどうかと思うんですよ。伊達巻きにマヨ塗って、パンにはさむ。卵サンドになるんじゃないかなって思うんですけど、どうでしょうかねぇ。

 

ところで、占い大河小説描いてます!!
主人公は天才占い師。占星術が要所要所で使われているので、占星術好きの人には楽しんでいただけるのではと……。

 

小説のリンクはこちら ↓   ↓   ↓

「VICE-ヴァイス―孤独な予言者」

https://ncode.syosetu.com/n0911cq/ 

 

《今週の超次元占星術》

 

 【火のグループの人】 レッド・ネイビー・グレー

 

 なんと元旦から不吉な運気(笑)。 え? 笑い事じゃない?? 大丈夫。悪いと言われたら、「うるせぇボケ!!」 と言ってやりなさい。その元気があれば大抵のことはほぼ大丈夫です。うん。あたしが言うんだから間違いない(笑)。

 

 そんなわけで、1月1日の夜遅くに、火星が「火のグループ」の一つ、ゾーンレッドに入ります。実はこの間、「風グループ」の人々(イエロー・シルバー・ブラウン)に、火星が関係したのですけれども、彼らに近況を聞いたところ、パソコンにお酒をひっかけてパソコンがダメになった、という事例が一つと、頭にハトのうんちをぶっかけられた、という事例と、遊びに行ったレジャー施設でへとへとになるまで並んだ挙句に、くそつまんなかった、などなどの、恐ろしい恐ろしい、身の毛もよだつような「不幸体験談」が続々と寄せられています(笑)。火星、さすが不幸の星ですね(笑)。ハト爆弾は本当に嫌です。。。

 

 ほかにも、火星通過時に私は、膝のすねをおもっくそチャリンコのペダルでぶつけたり、ボールが頭にぶつかったり、荷物を置き忘れたり、腹が立ったり……。

 

 火星は泥棒の星で、策士の星です。そのせいか火星がいる期間は、スリ、空き巣、盗難、落とし物にも要注意時期。そこから転じて「工夫・知恵」の神様でもあるんです。なにせ、紀元前の昔から、火星の軌道だけは古代ギリシャの周転円モデルで説明できませんでした。だから火星は、天文学者にとってまさに鬼神のように縦横無尽で、知恵者であり、策略家で抜け目なく、憎らしい星でした。そしてそんな火星研究が近代科学を大きく前進させたのです。そんな知恵者に我々もなりたい! 今年の初めからそんな火星が、みなさんの頭上に輝いているということは、「工夫しなさい。改良しなさい。失敗を減らしなさい」という火星の神さまからのメッセージでしょうね。火星にあやかり、知恵をみにつけ、いつも工夫して、前進していきたいものです。

 

 火星は5日の土曜日、午後に抜けていきますが、入れ違いに6日に水星が火グループのレッドに入宮します。火星の抜ける5日、水星入りの6日にかけてはちょうど帰省ラッシュ。雪道にはくれぐれも気をつけてくださいね。

 

 あ、そうそう! 実は6日なんですけどね、なんと部分日食の日なんですよん! いちおう、占星術業界では、日食は不吉っぽく言われていますが、元気さえあれば大したこたぁない! 「不吉?? 上等だぜゴルァ!」 と言ってやりなさい。本当に大したことありませんから(笑)。

 

 ただ、新年最初の日食が、火のグループの一つで起こるということは、今年は大きな変化が起こるよ、という天からの見通しかも。しかも冥王星もねぇ、1月16日から火の、ゾーングレーに入りますからね。まぁ、何か起こったとしても、それは必要な学びだから、善処するしかないですね。どのゾーンもそうですよね。星の力に負けるようじゃあ、いけません。なにくそ根性で今年は生きましょう。

  

【土のグループの人】 ライム・ピンク・パープル

 

余談ですが、うちの娘に先日、超次元占星術の週刊星占いが見つかってしまいました(笑)。んで、どうやら彼女は「ソーンパープル生まれ」のようです。「土グループ」ですね。

 

それで、普段は家族の星なんか嫌だから絶対見ないんですけど、超次元占星術ならまぁ、バイオリズムの把握に適しているので、いっか、と思い、主人のゾーンも調べましたけど、そうしたら主人も娘と同じ「土グループ」で、ゾーンライムの生まれでした。

 

言われてみれば、この二人の運気は常にリンクしています。主人が出かけると娘も一緒。私だけ「土グループ」ではなくて「水グループ」なので、バイオリズムが合いません。彼らが起きて遊びたいとき、私は寝たいし、私が出かけたいとき彼らは寝たいのです…。そうか、どうりで親子ベタベタだな、と思ったら、二人して「土グループ」だったんですねぇ…。同じグループの人は、太陽の度数がまったく一緒、ということですから、当然縁は深いでしょう。それで、面白いことに、彼らは12月27日の夜に旅行に出て、28日の深夜に目的地へ着きます。そして1月7日に戻るのですが、それってまったく水星の周期通りなんです(笑)。バイオリズムとして本当に面白いな、当たるな、と思います。水星は鉄道や航空機や車、乗り物の星ですからね。

 

なので、土グループの皆さんも、我々家族と同じような行動スケジュールの方も多いかも?? 冥王星もあと少しで抜けて、心機一転、今年は着実にメンタル面でぐっと成長し、さまざまなものの見方が成熟するでしょう。こころが成熟したぶん、当然成功もまた近づくということです。2018年に学んだこと、理解したことが、意外とこのあとの人生を大きく左右するということです。

 

ちなみに、よく考えればうちの娘も、冥王星が「土グループ」の一つ、ゾーンピンクに入宮していた7月から今まで、大変でした。学校での対人関係に疲れ果て、いじめられ、何度落ち込んで帰ってきたかわかりません。今、あらためて振り返ると、確かに冥王星の象徴に翻弄された1年だったように思うし、ライム生まれの主人の仕事もとんでもないシステム改編で、苦戦していました。まさに二人とも冥王星期、土のグループの意味そのものだったので、改めて驚いています。

来年はもう迷わないですし、あらゆることが着実に進展します。冥王星が教えてくれたことを忘れずに、今年も元気に行きましょう。1月5日から火星がライム入りするので、主人と娘には 「財布落とすんじゃないよ!! もの無くすんじゃないよ!! 調子に乗るんじゃないよ!!」 と、くぎを刺しておきました(笑)。なんでもいいんです。元気で戻ってきてくれれば(笑)。みなさんもどうか気を付けて、元気に仕事始めや学校はじめを迎えましょうね!

 

ところで、オルディアの館スタッフのKさんも、実は「土グループ」なんですが、前日の12月19日(水)の夜遅くに、車の運転中に事故現場に出くわしてしまい、帰宅が大幅に遅れたという報告をくださいましたが、超次元表で確認すると確かに、19日の夜に火星がKさんのゾーンパープルを抜けている最中で、水星もゾーンピンクにありましたね。超次元占星術ってほんと面白いです。

 

【風のグループの人】 イエロー。・シルバー・ブラウン

 

 先週末の12月29日(土)から、今週の1月1日(火)まで、金星と太陽がそろって「風グループ」の一つ、ゾーンイエローを通過。30日からやはり1日にかけても、水星が風グループの一つ、ゾーンブラウンを通過していきます。

 

 私は、毎週の超次元占星術を書く時、知人を思い出しながら描くのですが、12月19日から12月24日まで、風グループは火星の影響下にあり、かなり不調な運勢でした。友達の風グループのある人は、なんとパソコンをこの時期、自分の不注意で壊してしまい、別の友人はこの時期、ハトのふんを頭から浴びた、と教えてくれました…。火星が来るときは本当に、不注意やうっかりを減らす工夫を心掛けたいところです。

 

 今週は金星通過で華やかな運気ですが、太陽も同時に通過するのでファミリーにスポットが強く当たりそうです。時期的にもお正月ですし、楽しく一家団欒、なんて人も多いのでは。しかし、普段から家族仲がぎくしゃくしているご家庭ですと、そういう集まりが原因で「やっぱりこいつダメだ!」とか、逆に冷淡になってしまうこともあります。超次元占星術では星の力が吉と出るか、凶と出るかは、みなさんの力量や日ごろの行い、カルマなどにかかっています。

 

 おカネの面で大いに使い、楽しむ半面、おカネや生活や健康、自分の暮らしぶり、過去にしてしまった失敗、許せないこと、執着していることが色あせて、陳腐に見え始める、生きる目標を見失う、などといったことが頭をもたげます。今年はいろいろな不安が心をよぎることが多そうですが、そのわりにぜいたくな年でもあり、かなりメンタル面や生活面で不安定です。

 

 年明け13日からいよいよ、風グループに冥王星期が始まります。かなり根底からゆさぶられる期間ですが、なんとかお試し期を乗り越えましょう。来週以降もまた、みなさんとご一緒に考えていきましょう。

 

 

 【水のグループの人】 ホワイト・ゴールド・スカイ

 

 今週も引き続き、土星が水グループの一つであるゾーンホワイトにありますが、1月6日の未明にはホワイトを抜けていきますね。先週までずっと伴走してくれていたゴールドの木星も、今週はスタートの31日からすでにいません。土星のソロ状態じゃないですか。いやーん!!

 

 さて、超次元占星術の暗示どおり、先週は木星がゴールド、土星がホワイトということで、土星×木星の象意のことが我が家にも起こりました。木星×土星には有意義な旅、リッチな旅、責任ある旅、という意味のほかに、孤独、退屈、つまらない、一人ぼっち、という意味があります。その通りに我が家は、この期間中家族が留守をするので、私は一人で過ごすのでした。これまで読めなかった数学書を読もうと思っています。

 

 それ以外にも、土星には法事、お別れ、閑居(ひま)、静か、落ち着き、という意味がありまして、お正月から仕事始めまでは、ゆっくりできるかも。超次元占星術の惑星はバイオリズムでもあるので、土星周期のときはつい考えがブルーになったり、哲学的な問題に取り組むこともあるかも知れません。

 

 そんな土星が、年始に、水グループの頭上に輝いているということは、今年も地道に、眠いとか遊びたいとか疲れたとか言わずに、黙々と働きなさい、頑張りなさいという宇宙からのメッセージのようです。土星は成功の星でもあります。もしかしたらみなさんは、成功という山の五合目とか、六合目くらいにすでにいるもかもしれません。さらに努力をしなさい、というメッセージのようです。

 

 【空のグループの人】 オレンジ・グリーン・ブラック

 

今週は、始まりの12月31日(月)から、週の終わりの6日(日)まで、まるまる木星が「空グループ」の、ゾーングリーンを通過していきます。ここのところ天王星と海王星がダブルでゾーングリーンにいたため、「空グループ」のみなさんは、興奮と冷淡のはざまというか、感情と気分の波に翻弄された方々も多かったのでは? 海王星は間もなく抜けていきますが、抜ける直前にやらかしていくことも惑星は多いので、最後まで気を抜かずにいきましょう。

 

さて、実は超次元占星術では、ギャンブル運に関連する組み合わせがいくつかあります。その代表的なものが木星×天王星、木星×海王星なのです。実はこの両方が、今週はゾーングリーンでできている! 木星が抜けきる1月17日まで続きます。

 

私の知人の体験ですが、海王星×木星がタイトに自分のゾーンに入ってきたとき、スクラッチで200万円当てた人がいます。競馬の大勝ちも、天王星×木星のときに出くわしやすいです。だから私は、超次元占星術活用方法として、宝くじサークルでもみんなでやって、今週の「空グループ」の人みたいな配置の人に代表で、宝くじや馬券を買ってもらえば、当たる確率がぐっと高くなるのではないか? なんて思っているので、いつかみなさん、そういうサークルをぜひ始めましょう(笑)。

 

しかし、惑星のパワーがよく出るか、悪く出るかまでは、超次元占星術ではわからないのです……。くじ運表示の組み合わせですが、悪く出ると「だまされる」「大損する」という、ギャンブル運の裏面の意味になります(笑)。結局占いで一攫千金狙うのは無理ということでしょうか。宝くじ当たる、という意味と、大損が表裏で、張り付いていて、どちらが出るのかわからない……。じゃあ同じじゃん!! (笑)

 

まぁ、拙作、「VICE—ヴァイス—孤独な予言者」では、主人公・占星術師の郷原悟がまさに、それと同じことをやっているんですけどねぇ……。「断言するなら腕の一本賭けてみせろや」と、みなさんもそう思うでしょ(笑)。この小説はね、そういう、占星術とか、占いとかをやってる人たちに唾を吐こうと思って書いたんですけどねフフフ……。唾が自分に戻ってきちゃうんですよフフフ……。おかしいなぁ……。

 

でもまぁ、1月5日、6日は京都競馬場で金杯とか、新年のレースとか競艇・競輪やってますし、遊びがてらにいってみてもいいのでは?? でもごめんなさい。外れのほうを引いちゃう確率もあります。どっちに転んでも超次元は当たることになりますね。フフフ……。なんだかなぁ……。

 

ギャンブル以外で考えると、棚ぼたとか、予期せぬ出来事、予期せぬ幸運や、反対に予期せぬ失敗、予期せぬ損、などという意味も。海王星×木星はもともと、キリスト教をシンボライズするコンビであるともいわれており、「赦し」を表す、とも言われます。ギャンブルなどという欲まみれの、クソ方向ではなく、赦しとか神とか、宇宙とか、深遠な方向に針が極振りされちゃう人もいるかも。まれにこの配置で家出、失踪という意味もあります。親が「空グループ」で、そろそろ認知症が不安な人は、徘徊されてしまうかも知れないのでちょっと用心を入念に。

 

そういえば株式市場のオープン時期でもあります。今年は世界中で、波乱ぶくみのマーケットスタートになりそう。大きな株式不安が今年は多発するでしょうね。投資家さんは気を付けて。

 

《今週のまとめ》 

 

運気つらたんな人たち……「火」「風」「水」

どつぼ……「火」「水」

乗るか反るかの一発勝負……「空」

まぁまぁ……「土」

今週のギャンブル運強め……「空」「土」

今週の恋愛運強め……「風」「土」

今週のラッキーカラー(競艇や競馬の参考までに) 黒・青・白

 

以上です。 みなさんよいお正月を☆彡