【超次元占星術】とは?

 

 占い評論家・作家の私、酒井日香が、2004年頃に完成させた、まったく新しい概念による新型占星術です。

 

 これまでの12星座占いでは、ある1か月間に生まれた人全部を同じ生まれ星座であるとして、強引にカテゴリ分けしてきました。けれどもその方法論では、占星術のもっとも面白い部分である「的中率」を実感することができません。従来の星占いでは、たとえば3月25日に生まれた人も、4月17日に生まれた人も全員「おひつじ座生まれ」とされてしまっていたのです。どう考えても無根拠で、いい加減なものであります。けれどもそれが不思議と浸透してしまい、今やそれをいじめの理由にしてしまうような「星座ハラスメント」さえ起こしているという、おかしな事態になっています。

  

 そこで、生年月日を「星座」という、非常に広い範囲の「面」でとらえるのではなく、生年月日における実際の太陽の「黄経度」という「点」に変換し、ホロスコープを3度ずつ各カラーでひとまとめにした新しい星占いを2004年頃から提唱し始めました。

それが世に出るまでは長い煩悶がありましたが、ようやく2017年、商標登録出願にまでたどり着くことができたのです。

それが新型メンタルトレーニング星占い「超次元占星術(商標登録出願中)」です。

 

 この星占いは、実際のホロスコープに描かれた、あなただけの惑星の位置を「超次元変換」させた、あなた個人の星位による、本物のホロスコープ鑑定です。ベーシックな超次元占星術は、あなたの生まれたときの太陽の黄経度で占っていきますが、もちろんあなたの生まれの金星・火星・月・水星などなど、どのような惑星でも「超次元変換」することが可能です。それにより願いや目的に合わせた未来診断が可能になりました。

★グラフの読み方も合わせてお読みくださいませ。


ご連絡、その他お問合せ等はオルディアの館までお願いいたします。